お薦め

栄養価が高い話題の成分明日葉青汁

最近、明日葉(あしたば)の非常に高い栄養価が評判になっています。
明日葉とは、世界に誇れる日本原産のセリ科の多年草で、
「今日摘んでも明日には新しい芽が出る」
といわれるほど成長が早く、生命力の強い植物です。

明日葉は、野菜の中でもビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な上、
それらがとてもバランスよく含まれています。
また植物としては良質のタンパク質を含んでいます。
また、ビタミンB1・B2 ・C・Eやカリウム、ナトリウム、食物繊維が豊富です。
こちらに青汁の主成分は何かかいてありますので参考にしてください。

明日葉100gにはβ-カロテンの1日の所要量がすべて入っており、
またビタミンCは茹でた後の含有量で100g中30mg強と、ミカンと同レベルの多さです。
β-カロテンとビタミンCには細胞の酸化を抑える作用があり、
体のなかに侵入してくるウィルスや細菌に対する抵抗力を高めます。

また、カリウムは血圧を下げる効果があります。
茎を切ると出てくる黄色い液に含まれるカルコンにも、
同じく細胞の酸化を抑える作用があります。

明日葉には、このように抗酸化物質が多く含まれており、
動脈硬化の予防や発がん物質の活性を抑えるなどの、健康にとって重要な効果があるのです。

さらに美容が気になる方にも、明日葉は頼りになる味方です。
ほとんどの成人女性が、冷え性やむくみの原因となる「セルライト」に悩まされています。
セルライトとは、おしりやふとももの血行が滞って、
老廃物や水分がたまって出来る物質で美容上もよくないうえに、
さまざまな病気の原因ともなります。
美容に力を入れてる方には、こちらhttp://xn--1cki4e8c6b5622anre5qaa3854cbf5apx3a.com/anntieijingu.htmlのプラセンタもおすすめです。アンチエイジング効果や美肌効果など、
女性にうれしい効果がたくさん詰まっています。

青汁の原料である明日葉の特有成分カルコンによって、血液の循環を良くし、末梢血管を拡張させる作用も持っています。
そして、カリウムは体内の水分代謝を良くするので、老廃物を体の外に出す作用があります。
どちらも、血行を良くしてむくみを取るという効果をもたらします。
また、明日葉には豊富な食物繊維も含まれているので、
便秘が解消され、ダイエットにも役立ちます。
http://xn--qev01m8oeln2c.net/にもかいてありますが、青汁ダイエットには明日葉が原料のものが一番良いそうです。

このような多くの効果がある明日葉を青汁に入れると、
手軽に明日葉の高い栄養を普段の生活に取り入れることができ、健康にも美容にもよいと人気なのです。
ケールの青汁や熊笹の青汁などはこちらにあります。
また、青汁のおいしい飲み方がこちらで紹介されていますのでみなさんも是非お試しください。